確実に痩せられる脂肪吸引!直接脂肪を取り除くことで部分痩せが叶う

婦人

フェイスラインを滑らかに

中年女性

美容にも有効

眼瞼けいれんやチックは、無意識のうちに筋肉が動くことが原因となっているので、治療にはボトックス注射が有効とされています。筋肉は、神経伝達物質が届けられることで動きます。そしてボトックス注射を打つと、その部分には神経伝達物質が届きにくくなり、そのため筋肉が勝手には動かなくなるのです。そして昨今ではこのボトックス注射が、美容面での治療にも活用されるようになっています。たとえば、顔をしかめたり笑ったりすることで生じる表情ジワや、眉間やエラの隆起も、筋肉の過剰な動きが原因です。そのためこれらも、ボトックス注射によって、抑えることができるのです。もちろん注射後も、それまで通り表情を作ることができますが、シワや隆起が生じないので、滑らかなフェイスラインが保たれます。

ボツリヌス菌の特徴

ボトックス注射で使われる注射液は、ボツリヌス菌という毒性のある細菌から作られています。具体的には、ボツリヌス菌から抽出したたんぱく質を、生理食塩水で数百倍に薄めたものが使われているのです。ボツリヌス菌は、胃腸や呼吸器の麻痺といった害をもたらすことがありますが、それは免疫力が低下している時に体内に多く取り入れた場合のみです。もともとは土壌や河川など自然界に多く存在している細菌で、自然界から採取された一部の食品にも含まれています。そのためそれを薄めた上で注入するというボトックス注射は、極めて安全性の高い注射と言えます。それでいて、局部的にわずかに麻痺させることができるため、眼瞼けいれんや表情ジワの治療に利用されているのです。また昨今では、顔全体のたるみの治療のために、顎や頬などの広範囲に注入されるようにもなっています。